MENU

出産祝いをもらったら

内祝い

お祝いのお返しを贈る

元々「内祝い」とは、おめでたい事があった家が喜びを分かち合うため、ご近所や親しい人に贈ったものを言いました。しかし今では少しずつ文化も変わり、近親者に内祝いを配り歩く風習は見られなくなり、お祝いをくれた人にだけ「お返し」の意味合いで内祝いを渡すようになりました。結婚、新築、病気からの回復などお祝いを貰う場面は多々あります。出産もその一つです。出産祝いを頂いた場合は、産後すぐはお母さんも赤ちゃんも外出できません。生活が軌道に乗る生後1ヶ月から2ヶ月以内くらいを目処に出産内祝いを贈ります。また、出産内祝いの金額の目安は、頂いたお祝い品の3分の1から半額程度が相場と言われています。結婚や新築の内祝いとは違い、出産内祝いの場合は産後1ヶ月から2ヶ月しか経っていない事もあり、赤ちゃん連れでの買い物は大変ですが、カタログ通販やインターネット通販も充実しており、購入するのも楽になりました。出産内祝いを贈る時の熨斗は紅白の蝶結びで表書きは「内祝」もしくは「出産内祝」となり、赤ちゃんの名前を書きます。更に、業者によっては赤ちゃんの名前や写真をつけたカード等を同封する、送り手からも貰い手からも喜ばれるサービスがあります。贈る物としては実用的な物が選ばれる事が多いようです。例えばタオルや洗剤などが無難で、好き嫌いが分かれてしまう雑貨類などは避けた方が良いでしょう。また、食品類を選ぶ場合も生物などの日持ちしない物は避け、焼き菓子やコーヒー類などの賞味期限が長い物が良いようです。出産内祝いは昔からある日本の文化で、ある程度マナーや常識を知る必要はありますが、一番大切なのは、感謝の気持ちです。真心を込めた贈り物で赤ちゃんの誕生を喜びましょう。

Copyright© 2018 昔から人気の高い牛革のランドセル【メリットが満載】 All Rights Reserved.